クレジット現金化入門ブック※クレジット現金化の仕組みとセルフ現金化について

クレジット現金化入門ブックの閲覧感謝します!ここのインターネットサイトはクレジット現金化素人さんのための基礎的な内容が満載♪クレジット現金化全体について徹底的にご案内します。 - クレジット現金化の仕組みとセルフ現金化について

クレジット現金化の仕組みとセルフ現金化について

クレジット現金化と言うのは、一見するとまるでクレジットカードを売るような印象を持ちますが、実際はそうでは無くて、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入してその商品をお金にすると言う事なのです。
つまりは、クレジットカードで商品購入を行って、その商品を売ると言う事と同じことになります。
クレジット現金化は専門の業者が居て、その業者に依頼する方が安全かつ安心して現金化が出来ると言われていますが、どのような仕組みで、自分自身で行う事等は出来ないものなのでしょうか。

クレジット現金化の仕組み

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠が必ずあります。
その金額は収入や設定次第で変化しますが、自分個人の名義のクレジットカードの場合は、よほどの稼ぎが無い限りは、何百万円、何千万円にもなる事は少ないでしょう。
一般論として、クレジットカードのキャッシング枠が50万円、ショッピング枠が50万円あったとします。
既にキャッシング枠の50万円を借りてしまっている場合には、これ以上キャッシングをする事は出来ません。
となると、残るはショッピング枠になるのですが、ショッピング枠を全く使っていなければ50万円分の買い物が出来ると言う事になります。
このショッピング枠の金額を利用して現金化をすると言うのがクレジット現金化と言われるものなのです。
現金化業者に先ずは申し込みを行い、業者が指定して来る商品の中から好きな商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入し、決済をします。
その後、ほどなくして、購入金額の80パーセント程度が現金になって自分の指定した口座に振り込まれると言う仕組みです。
あとは銀行へ行って現金を引き出すだけで良く、ある程度まとまったお金を手にする事が出来ると言う訳です。

このクレジット現金化は自分で出来ないのですか?

セルフ現金化とも言われていますが、自分でこの現金化を使用とする時、若干面倒な事が発生する事があります。
例えば、換金性の高いギフト券等をクレジットカードで購入すると、その後は自分で金券ショップにギフト券を持ち込めば換金出来ますが、その金額によってはクレジットカード会社から連絡が来る事があるのです。
時には購入したギフト券のコピー等を要求される事もあるので、セルフ現金化はリスクが高いと言えます。
もしも、換金目的で購入した事が分かってしまったら、カードの利用停止が待っています。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

検索